生活保護受給者のキャッシング利用

生活保護を受けている人というのは、金融機関からキャッシングのサービスを受けることが出来るのでしょうか?

 

よく街角法律相談所に問い合わせがある内容です。

 

働いていて収入があるのであれば、かなり厳しいと思いますが、キャッシングの利用は可能ではあります。
しかし、キャッシングを利用することでかなりのリスクを伴うことになりますので、出来るのであれば利用をしないに越したことはありません。
キャッシングのサービスを利用する場合、どこの金融機関でも仕事をしていることが絶対的な条件となります。
大手の消費者金融であるアコムやプロミス、アイフルはもちろんのこと、銀行系のカードローン会社のレイクも、仕事をしていて安定をした収入がある人にしかお金を貸してはくれません。
仕事をしていない人が嘘の申告をして勤務先を申込書に記入した場合、審査時に在籍確認が行われますので、すぐにバレてしまいます。
生活保護受給者でも例外なく、キャッシングのサービスを利用する場合は、仕事をしていて安定した収入があるということが、絶対的な条件になります。
ただ、生活保護受給者というのは、自分の収入だけでは生活が厳しいということから国からお金を支給されていますので、仕事で稼いだお金を返済に回すことが出来るのか、という疑問が出てきてしまいます。
金融機関は、貸したお金を返してもらわなければ運営を続けることが出来ませんので、返済の見込みがないと判断をされてしまうとお金を貸してはくれません。
万が一、生活保護受給者が金融機関からキャッシングのサービスを受けることが出来た場合、生活出来るだけの収入があるとみなされてしまい、ケースワーカーから指導が入ることになるでしょう。
そんなことになると、生活保護の受給資格を失うことにもなりかねません。
この点は街角法律相談所に相談すれば大丈夫です。

 

 

キャッシングを利用して借りたお金は、収入として申告をする必要がありますので、生活保護の受給資格を満たす収入を超えてしまう可能性も出てきます。
悪質な場合は、刑罰に処されるということもありますので、生活保護受給者は慎重にキャッシングの利用について考えなければなりません。
キャッシングを利用したいのであれば、生活保護を受けなくてもいいような収入を得られるように仕事をまずはすることを考えて下さい。
安定をした収入があり、生活保護を受けていなければ、多くの金融機関ではキャッシングのサービスや街角法律相談所を利用することが出来るでしょう。

関連ページ

借入額(残額)が増大すれば…。
先に…。借金の相談をしたメリット
これまでのキャッシングなどで…。
期日を超えての返済を何回もやってしまうと…。
キャッシングの可否を決める事前審査では…。
簡単に言うと無利息とは…。
この頃は…。最近の借金事情
「むじんくん」で有名なアコム…。
近頃はありがたいことに…。
現在ではキャッシングローンなる…。
ありがたい無利息期間の設定とか金利が安いなどの点は…。
利用者が多い利息がいらない無利息キャッシングを利用していただく場合は…。
大きな金額ではなく…。
すぐに現金が必要なときのキャッシングを申込む方法で…。
最近多いキャッシングあるいはカードローンなどで…。
もしかして申し込み日にお金が入る即日キャッシングの場合は…。
一般的にカードローン会社の場合…。
家を買うとか修理するときのための住宅ローンやマイカーローンと呼ばれる自動車購入のための資金などのローンとは違い…。
無利息というのは…。
多くのウェブサイトなどでとっても便利な即日キャッシングの仕組みや概要などがいろいろと掲載されています…。
大概のカードローンやキャッシング会社では…。
キャッシングによる借り入れが時間がかからず出来る各種融資商品は…。
即日キャッシングとは…。
新規のキャッシングにお願いするより先に…。
それぞれのカードローンの取り扱いマニュアルなどで…。
勤続何年かということと…。
カードローンを取り扱っている決まりで…。
即日キャッシングは…。
インターネット上にはたくさんの法律相談所があふれています。どこに相談したらいいか分からない。そんな方の参考になれば幸いです。
在籍確認でおさえるべきポイント
キャッシング利用時に在籍確認を受ける際のポイント
キャッシング利用時に申告する内容
キャッシングを利用する場合、住所などさまざまな情報を提供する必要があります
収入があると認められるタイミング
収入があると認められるタイミングは、実際にお給料をもらってからです
司法書士事務所の役割
司法書士事務所の役割は複雑にありますので、注意が必要です。
連帯保証人に簡単になってはいけないことを思い知らされました。